事業案内

BUSINESS

POINT1
日本全国に渡るサントリーの
物流ネットワークの活用
POINT2
多様な輸送モードを駆使して
環境にも配慮
POINT3
合理的な輸配送の推進
および提供

陸上輸送はもちろん、海上輸送や鉄道輸送に至るまで、サントリーグループの物流を担うフレシキブルなネットワークが対応いたします。

広範囲の輸送体制

サントリーグループでは年間約900万トンの拠点間輸送を実施。全国で約2,500台/日(12トン車換算)の車輌を手配しています。物流協力会社様の強みを活かし、日本全国、広範囲の輸送体制を構築、日々その強化に努めています。また、鉄道・海上輸送を併用し、トラック輸送の補完・強化を行っています。

広範囲の輸送体制

モーダルシフト

トラック輸送・鉄道輸送・海上輸送の3つの輸送モードの併用を推進しています。集車力の強化、CO2削減はもちろん、悪天候時・交通障害発生時への対応を可能にしています。また鉄道輸送は、12ftコンテナだけではなく、増トンウィング車とほぼ同量の貨物を輸送できる31ftコンテナの採用も積極的に推進しています。

モーダルシフト

同じ配送先に届ける他企業様の荷物を、サントリーロジスティクスの物流拠点に集約して届ける“共同輸配送”を積極的に行っています。共同輸配送は、輸送効率を高め、コスト削減や環境問題の改善に繋がるというメリットが見込めます。
また、他業種様に対し、重軽混載による輸送効率化のご提案も行っています。

共同輸配送
事業案内
BUSINESS

TOP